申請保留の場合の追加アクション

このページでは:

概要

セクション221(g)による拒否は、申請に必須の情報が足りないこと、または事務上手続きの保留であることを意味します。セクション221(g)保留の追加情報で、あなたの申請に対するアクションが保留された場合、面接の終了時に領事館官吏により伝えられます。 領事館官吏により、申請が行政上プロセスを受ける必要があるのか、また追加情報を提出するよう指示します。

追加情報が必要な場合、情報の提出の仕方について、領事館官吏により指示があります。このプロセスの一環として、レターが発行されます。これにより、新しいビザの申請料を支払うことなく、要求された書類を申請日から12ヶ月間以内に提出します。一年後、セクション 221(g)の下、不許可になった場合は、セクション 203(e)に基づいて終了します。

大使館または領事館により追加情報または書類が求められた場合は、日本郵便の 書類回収所にこれらの書類を提出してください。本ウェブページでは、大使館または領事館へどのようにして書類を提出するかについて説明します。

その他の情報

いくつかのビザ申請には、さらなる事務上手続きが必要となり、この場合、領事館官吏との面接後にさらに処理時間がかかることがあります。この追加処理時間については、面接中に知らされます。多くの場合、事務上手続きはビザ面接から60日以内に終了します。追加処理時間については、各ケースの状況によって要する時間が異なります。ビザの申請はなるべく早めに行い、希望する渡米日より十分前に申請してください。

注記: 申請者、または申請代理者は、ビザの申請状況について問い合わせをする前に、面接日または補足書類の提出日のどちらか遅いほうの最低60日待つ必要があります。それまでは、あせらずお待ちください。ビザの処理が完了するとすぐに、コールセンターから (面接中、領事館官吏が確認した電話番号またはEメールアドレスに) 通知があります。